AIエージェント

こちらのページは、AIエージェントとして、対話が可能なタイプの
”双方向”デジタルヒューマンに関するご案内ページです。

「片方向」と「双方向」の違いとは?

片方向デジタルヒューマンはユーザーからのインプットを受け付けませんが、双方向デジタルヒューマンはユーザーとのインタラクションを重視します。

用途は以下に分かれます。

片方向デジタルヒューマン

【情報提供のみ】
一方的に情報を提供することが主な役割です。ユーザーからの入力やフィードバックを受け付けません。
(例)自動応答システムやセミナーやプレゼンテーションで使用されたり、SNSやYoutube等の動画配信における情報発信など。

双方向デジタルヒューマン

【対話可能】
ユーザーとの会話や質問に応じることができ、双方向のコミュニケーションが可能です。
【応答能力】
ユーザーの入力に基づいて適切な応答を生成し、リアルタイムでインタラクションを行います。
(例)セールス活動やカスタマーサポート、AIアシスタント、インタラクティブな学習プラットフォームで使用されるAI教師など。

開発・導入までの流れ

AIによる対話可能なデジタルヒューマンです。

そのため、AIが貴社のニーズに応じた対応できるようなカスタマイズ開発が必要です。

1.自然言語処理 (NLP)
双方向デジタルヒューマンは、ユーザーの入力を理解し、適切な応答を生成するために高度な自然言語処理技術を使用します。これには、言語の文法や意味を解析し、文脈を理解する能力が必要です。

2.対話管理
双方向の対話を行うためには、会話の文脈を追跡・管理し、デジタルヒューマンが一貫した対話を維持し、ユーザーの要求や質問に対して適切に対応できるようにします。

3.個別化と適応性
双方向デジタルヒューマンは、貴社の個々のニーズや好みに適応する必要があります。貴社固有の従業員トレーニングマニュアルや行動指針、競合商品との差別化ポイントの学習やNGワードなどの制限事項の学習などを実装します。

4.感情認識と応答
必要であれば、ユーザーの感情を認識し、それに対して適切な応答をする能力を実装します。これにより、デジタルヒューマンはより自然で人間らしい対話を提供できます。

5.リアルタイム処理
ユーザーとの対話はリアルタイムで行われるため、デジタルヒューマンは迅速に応答を生成する必要があります。これには、高速なデータ処理と応答生成のための効率的なアルゴリズムが必要です。

6.用途に応じたハードウェアへの組み込み
双方向デジタルヒューマンがブラウザ上やスマートフォン上で活動するだけでなく、デジタルサイネージへの導入や特別はハードウェアへの実装などが必要な場合、出入力システムとの組み込みが必要です。

開発・導入までの流れ

デジタルサイネージ

双方向デジタルヒューマン

費用について

<事例紹介>

あるアパレル会社様の受付として、デジタルサイネージ&双方向AIデジタルヒューマンを導入

・モデル:アパレル会社様ご指定の実在モデルの人の容姿と声のオリジナルアバターのデジタルヒューマン

・見積書に含まれていない項目:実在モデルの方へのギャラ、液晶パネルおよび通信回線費用等

⇒ 300万円

※UIやカスタムLLMの仕様等により変動します。

驚いたのでシェア!