Scroll Down

Who We Are

私たちが提供するAIデジタルヒューマンです。

内閣府が発表した「AI戦略2022」では、日本は2022年度までにAI関連の研究開発費を1兆円に増やすという目標を掲げています。しかし残念ながらこの投資額は、アメリカの10分の1、中国の3分の1でしかありません。後発の日本が、AI分野でこれらの国々に追いつくのは以下の理由で困難と言わざるを得ません。

データの蓄積

AIモデルの訓練と改善には大量かつ質の高いデータが必要です。先行している国々は既に大量のユーザーデータを蓄積しており、そのデータを利用してAIモデルを訓練することができています。日本では、様々な法的な壁が存在し、同様のデータへのアクセスを確保するのが困難な場合が多いです。

資金とリソース

投資とリソースにおいて先行する国々は優位性を持っています。これにより、研究開発、人材確保、市場展開などに多くの資金を投入できます。AI技術の一部は高度に専門的で複雑であり、開発には深い専門知識と経験が求められますが、優秀な技術人材を惹きつける点においても大きな差が生まれています。

規模の経済

先行している国々のAI企業は市場での地位を築いているため、規模の経済を享受できる場合が多いです。これにより、コスト効率の向上やパートナーシップの強化が可能となります。加えて、ブランドと市場での認知度が高いことにより、より一層の顧客獲得やパートナーシップ形成が容易となります。

スケールのメリット

先行している国々は規模が大きいため、研究開発、データ収集、インフラ投資などのコストを分散させることができます。これにより、単位あたりのコストを低く抑えることができます。また、先行している国々では独自の技術や方法を特許や商標で保護することができ、これにより後発の日本が同じ技術を使用するのを制限することができます。

What We Do

私たちは、迅速に世界最先端のAI技術を日本市場向けにカルチャライズし、ビジネスを先行し加速させるお手伝いをさせて頂きます。

AIテクノロジーは先行されてしまったら、後から追いつくのは困難です。先進技術をいち早く取り入れ、自社のビジネスに役立てることが有効です。私たちはすでにパソコンのOSでも経験しました。先行するWindowsに対抗し、国産OSの開発完了を待っていたらどうなっていたでしょうか? 同じことがAI分野でも起きています。私たちは主に以下の分野において、最先端で最適なAiソリューションを提供してまいります。

EC店舗/TVショッピング販売

AIによるデジタルヒューマンやVtuberによる実演販売により、視聴者の反応やコメントから、興味を引く商品やプレゼンテーションスタイルを分析し、24時間稼働が可能であり、人件費も大幅に削減されます。

当社が提供するデジタルヒューマン実機映像
デジタルヒューマン

カスタマーサポート

従来のチャットBOTでは、あらかじめ用意された応答しかできません。進化した独自LLMによるAI機能により、過去の対応データから臨機応変で効果的な対応が可能になります。

マーケティング

顧客データを解析し、異なるターゲット層に対して最適なマーケティング戦略を企画します。また、未来の販売トレンドや消費者行動を予測し、商品開発やマーケティングキャンペーンの効果の最大化に寄与します。

多言語対応

弊社は先進的なAI技術を駆使しております。近年、AIの自然言語処理の能力が大きく向上したことを背景に、多言語対応をはじめとした各種の要求に柔軟に対応可能です。そのため、お客様のシステム開発を確かな手腕で受託いたします。どのような課題、要望にも迅速に対応し、最適なソリューションを提供させていただきます。貴社のビジネスの発展と効率化のお手伝いをさせていただけることを心より楽しみにしております。

多目的AIコンパニオン

高性能なAIデジタルヒューマンは、学習塾・検定試験の講師として、またはキャリアアドバイザーとして、さらには介護施設や独居老人の会話相手等、多岐にわたり活躍します。これにより、各分野でのサポートやコミュニケーションの質が向上し、更なる発展が期待されます。

AIデジタルヒューマン活用イメージ
AIデジタルヒューマン活用事例

スタータレントの開発と運用

AIにより、特定分野のファン層の行動や嗜好を学習し、個人化されたコンテンツや推薦を解析し、自然言語処理や音声認識技術を利用し、複雑なアニメーションや3Dモデルを生成することにより、24時間稼働するスタータレント(デジタルヒューマン)を開発します。すでにTiktok等で実績のあるデジタルヒューマンAIソリューションを提供してまいります。

Featured Works

いくつかの実績プロジェクトをご紹介させて頂きます。

キャラクター画像生成AI

AI Charactor Design

AI utilization

実際には存在しないAIキャラクターを生成し、デジタルヒューマンとしてタレント活動をします。

デジタルヒューマン

Digital Human

AI utilization

実在の人物の画像素材があれば、AIとは見分けがつかないデジタルヒューマンを活動させることができます。

当社が提供するデジタルヒューマン実機映像
デジタルヒューマン

市場分析

Market Analysis

AI utilization

消費者の行動や購買傾向をリアルタイムで分析し、未来の販売トレンドや消費者行動を予測し、最適なマーケティング戦略を企画します。

AIチャットボット

AI Chat Bot

AI utilization

AIによる臨機応変な対応により、諦めかけた訪問者に再度購入を動機付けます。

AIロボット

AI Robot

AI utilization

元来人間がやってきた重労働を、AIロボットが24時間働き続けます。

導入実績

Installation_record

AI utilization

有名企業が続々と導入している実績があります。

COMPANY

Author image

商号
株式会社 ニュウジア
英文名
NIUSIA Co.,Ltd.
社名の由来
Networked Intelligence Utilizing Strategic Integration in Automation
設立
2008年(平成20年)12月1日
住所
本社住所
(音羽オフィス)〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-18 護国寺SIAビル8F
(Gokokuji SIA Building 8F, 1-17-18, Otowa, Bunkyo-ku, Tokyo, 112-0013 Japan)

Author image

概要 Outline
経営陣
代表取締役 柏口之宏
決算月
11月
資本金
94,500,000円(資本準備金含む)

代表略歴 CEO
柏口之宏
代表取締役 柏口之宏が日経ビジネス「世界を動かす日本人50」に孫正義氏、大谷翔平氏らと共に掲載されました。
世界を動かす日本人50

パートナー Partner
株式会社アクセスブライト
株式会社アクセスブライト
株式会社AB AI
株式会社AB AI
ジャパントータルエンターテインメント株式会社
ジャパントータルエンターテインメント株式会社
株式会社アールウェブ
株式会社アールウェブ

Author image

主な事業内容 Main Business
  1. 海外の最先端AIの日本市場向けカルチャライズによる動画や漫画、映画、画像、音声等のコンテンツの企画、デザイン、開発、制作、管理、販売、仲介、並びにこれらの受託及びコンサルタント業務
  2. コンテンツ制作、流通、管理にかかわる団体の組成、運営並びにこれらの団体への投資又は代理投資業務
  3. ITシステムの規格、開発、運用、保守
  4. 映像ソフトウェアの放送、上映、配給並びにこれらの仲介・媒介
  5. 著作権、意匠権、商標権及び工業所有権の取得、販売、使用許諾並びにその管理運用
  6. インターネットを利用した情報提供並びにその仲介
  7. 輸出入の貿易業務
  8. キャラクター商品の企画、開発、デザイン、販売、輸出入
  9. ゲームソフトウェアの企画、開発、デザイン、翻訳、輸出入、仲介、配信、販売

Contact Us

AI導入について、お気軽にお問い合わせ下さい。